デキる男はココが違う。

浪人、留年、中退をした逆境にも負けずに社会人になって挽回したい人向け

敬う事をペコペコとへりくだりすぎる事と思っている先輩へ。

f:id:netdelife1106:20190122221107j:plain


私の会社にはいろいろな先輩がいます。

 

根回しが得意な先輩。

抜け目のない動きで、オンオフ使い分ける先輩。

実直で正直で、真面目過ぎる先輩。

頭を下げることですべてを回避する先輩。

 

本当にいろいろな先輩たちがいて、

本当にいろいろなコトを学べます。

 

あなたの会社にはどんな先輩がいて、どんなことが学べますか?

 

 

うちの営業は実力主義です。

 

 

年齢やキャリア、歴などまったく関係ないです。

現に”抜かれてしまった”先輩を多々見ます。

 

そこから学ぶこと。

 

”動き”が全然違うんです。

業務、指示、対応、関係構築。

全てにおいて全然違うんです。

 

特にわかるのは

抜かれる先輩はだいたい”受け身”。

 

経営者を相手に営業をするので、

多少の積極性や行動力はもちろんありますが、

 

いかんせん”受け身”

 

いっぱしのことは言えますよ。

それは最も!と口ではなんとでも言えますよ。

 

でも、やっぱり全然ちがうんです。

 

反面教師。

気を付けましょう。

 

成功している人

経営者でも、サラリーマンでも、

とにかくなんらかの結果を残している人は、

 

即・実行

即・対応

 

これに尽きる気がします。

 

なんか説教臭くなってきましたね・・・笑

 

自分自身が口だけ野郎にならない為にも、

こういったカタチに残るもので自分を追い込みます。

 

ただ、本当に仕事が”デキル”人は

対応力とスピードが全然違います。

 

ココだけは肝に銘じてください。

 

今後、あなたが社会人になる時に必ず役に立ちます。

もう社会人のあなたは、心掛けるだけで全然周りの評価が違います。

 

質はいいんです。

効率もいいんです。

 

量をやれは質は向上するし、

効率も勝手に良くなります。

 

求めるものはスピードです。

 

中途採用で入った人に求められることは

”即戦力”

 

なんて言われて、変なプレッシャーを負っているかもしれませんが。

 

違います。

スピードです。

 

スピードさえあれば

例え間違っても修正がきくし

出来ていたら評価の上がり方が全然違います。

 

おそらく新卒や中途で入社してから数年は

これが一番”ネック”になると思うので、

 

親父の小言のように、

自分を戒めるように、

 

ここに残します。

 

さて、

明日からまた仕事が始まる。

 

これは私なりな方法なんですが、

仕事を憂鬱にしないコツは、

”人に言いたくなる成果や行動”を用意していくと

早く仕事がしたくなります(当たり前か)笑

 

だから、こうやって日曜日とかに

来週、決められた業務以外で何かプラスになることを実践していくのです。

 

すると、

勝手にモチベーションが上がって、

なんか楽しくなりますよ!

 

もちろん私だけかもしれませんが笑汗

 

それでは、今日はここまで。