デキる男はココが違う。

浪人、留年、中退をした逆境にも負けずに社会人になって挽回したい人向け

入社1年未満の全ての後輩達に捧ぐ、デキるやつとデキないやつの違い

f:id:netdelife1106:20190519160429j:plain

入社1年未満の全ての後輩達に、声を大にして伝えたいことがあります。

 

 

会社に入ったばかりの時は、右も左も何もわからず、ただただ言われたことをやり通し、毎日一生懸命過ごせば、あっという間に入社半年です…なんてザラです。

 

毎日地道な作業から、時にはちょっと楽しいなと思える業務。

成果が少しずつ、少しずつ出てきて、褒められ始めてモチベーションも上がってくる。

 

朝、目が覚めて、今日も成果出して先輩たちから注目されて、同期にはちょっと羨ましがられ、他部署の人や事務さんから頼られもする。

 

たまに社内で電話がくれば、噂聞いているよ!凄いみたいだね!と自分の話が勝手に広まっている。

 

めっちゃ会社楽しい!

どんどん成果出して、もっと褒められたい!

 

 

 

 

そんな上手くはいきません。

多くの新人さんが感じている通り、そんなに簡単ではありません。

 

特に、入社半年ぐらいになると同期との差がちょっとずつですが目立つようになってきます。

 

初めは噂程度です。

だんだんその頻度が多くなり、終いには全体研修や全体会議などで会った際、会話をしてハッキリと感じます。

 

やばい。

おれ、置いていかれてる…。

 

 

ここからが結構辛いです。

入社時期は同じ。

別にスペックで負けていたわけではない。

別に努力を怠っていたわけでもない。

ただ一生懸命毎日を過ごしていた。

 

それなのに、差がついている…。

 

 

プライドがグラグラっと揺らいできます。

一緒にいると注目はそいつにとられます。

話してみると話の内容のクオリティが自分より数段上になっています。

心の奥からモワッとした感情が込み上げてきます。

そいつは何も悪くはない。

むしろ、いいやつなのに。

 

 

 

極端な例だと思う方もいるかも知れませんが、これは実際の私の後輩です。

そのリアルな現状を書きました。

 

 

私の後輩は、決して不良とかではありません。むしろ真っ直ぐで真面目で不器用な後輩です。

 

本当に、よくいる仕事に熱心な、いち新入社員でした。

 

ただ…どうしても今後に響くであろう悪い癖がありました。

 

・自分で進んで動けないこと

・口だけの、表面を取り繕って、其の場凌ぎの傾向があること

・物事を予測して行動を決めれないこと

 

 

結果、どうなったかというと、今やるべき仕事が増えてきたにもかかわらず、成果が伸び悩み、ミスを連発しています。

 

毎日、同じことで怒られることが増えてきています。

本人は、今めちゃくちゃ辛い時期だと感じています。

仕事、ぜんぜん楽しくないと言っています。

同期はどんどん先に進んでいっています。

毎日ヤバイって思いながら生活してます。

 

 

 

 

違うんです!!!

今の会社は、良くも悪くも営業会社です。

求められることはたった1つ。

 

成果

 

それだけです。

 

 

もちろん過程も見ますが、最終的には成果主義です。

 

その為にはゴールを決めて行動することが必要不可欠です。

この作業は何のためにやっているのか。

何を達成すればいいのか。

 

思い通りにいくこともあれば、そうでないこともあります。

イレギュラーがあったときに、柔軟に的確な対応がとれるのは、ゴールがわかっている人のみです。

 

口だけの、体面を取り繕ったコメントは要りません。怒られたときに、さも反省しているようなコメントは要りません。

 

動いてください。

ほんとにヤバイと感じているのであれば、普通に生活して、普通に会社来てるだけでは、普通の人は無理です。

 

普通に周りに置いていかれます。

 

 

誰しも、人生のどこかしらで、圧倒的な熱意を持って、時間と労力を使って、努力すべき時が必要です。

 

 

口ではなんとでも言えます。

でも、同じことを言っても、それを実際に自分で実行できた人が言う言葉と、口だけのやつが言う言葉は全然、全く違います。

 

相手にはちゃんと伝わります。

 

たとえ、同じことを言っていたとしてもです。

 

 

具体性です。

入社半年ぐらいからグイグイ伸びてくるやつは、行動力が違うし、めちゃくちゃ具体的です。

 

何をいつまでにどうする。

 

これをちゃんと明言して継続しています。

 

 

社会人と学生の違いは、自分裁量の期限の有無です。

社会人は、何かをするにあって期限を決めて、そこに向かってプロセスを構築し実行します。

学生では、なかなかそういった機会は少ないです。

 

 

期限とゴールを決め、逆算で行動できる

 

それが一番良いですが、なかなかそこを達成できる人は少ないです。

 

だからこそ、入社半年ぐらいで、業務量や全体の流れも見えてきたならば、ゴールを見て、行動を予測して、期日を守る。

 

人は万能ではないです。

ミスは必ずします。

 

だからこそ、悪い報告こそ早くしてください。対処が遅れれば遅れるほど、後々めちゃくちゃしんどくなります。

面白いことに、辛い判断と楽な判断があって、楽な判断を選んだ時ほど、後々めちゃくちゃしんどくなります。

 

最初に辛い思いをした方が絶対いいです。

 

 

そして、今が一番しんどいというのは、間違いです。

精神的にキツくなるのはこれからです。

 

つまり、入社1年から2年。

 

この時期が辞める、辞めないが出てくる、最もメンタルにくる時期だと思います。

 

この時期は、同期との差が歴然とし、自分を抜く後輩も出てきます。

責任も増え、生半可なことでは周りからの評価を得にくくなります。

 

時間だけは勝手に進みます。

 

時間が勝手に進んでも、あなたの成長は勝手にに進みません。

 

未来は僕等の手の中。

 

今を行動し、選択し、決断をしない限り、未来は変わりません。

 

 

お客様を動かす人、つまり営業力がある人は、自分で動ける人です。

後輩を動かせる人、つまり管理力がある人は、自分で動ける人です。

 

 

口ではなんとでも言えます。

嘘もつけます。

 

でも、嘘は確実にバレます。

虚勢は結果に現れます。

 

 

少しでも、精神的に楽で楽しい社会人生活を。

多くの実りと学びがある社会人生活を。

 

どうせやるなら、楽しい方が良いと私は思いますし、そうなるように行動しながら仕事を構築しています。

 

 

少しでも、気持ちが滅入って会社がイヤになり、自分を嫌う人が減るように。

少しでも、努力の方向性を間違えずに、行動する大切がわかる人が増えるように。

 

そう思いながら、全ての入社1年未満の後輩達に向けて、この記事を書きました。